実践事例紹介

「学校研究」

2016/03/30

基本情報

担当教員名 関田 一彦
手法
難易度
ワーク 個人ワーク、グループワーク
規模 中教室、大教室

教育目標

本授業は児童教育学科の科目である。学校の教師には、授業の設計・実施だけでなく、学級経営や児童の生活指導、保護者への対応など、様々な実践力が求められる。しかし、そうした実践力を習得するには、講義を受動的に受けるだけでは不十分である。そこで、この授業では、「何を」というコンテンツよりも、「どのように」というプロセスからの学びを重視したアクティブ・ラーニングを通して、実践力を身に付けることを目指す。

また、教師としての実践力について学ぶ中で、2年次・前期の段階で、教職に進むべきか、他の道を目指すべきか、主体的に考える機会(経験)を設け、進路決定を促す。

授業概要

本科目は半期15回(2単位)であり、第3、5、6、8、12回の5回分の授業はケースメソッドを用いた内容となっている。

ケースメソッドを用いた学習の下準備として、第2回の授業では、チームビルディングとともに「ケースメソッドとは何か」を説明している。また、この回では、自己評価ルーブリックの使い方も学ぶ。この授業の最後には、第3回の授業で取り上げるケースに関する予習が宿題として出される。同様に、第4、5、7、11の授業の終わりには、次週の授業で取り上げるケースについて予習と討論の準備を学生に求めている。

実際に取り上げるケースは、「社会科見学の場所をどこにするか」「ゲームセンターの敷地で生徒が酒を飲んで騒いでいるので来てほしいと、夜に中学校に電話が入った」など具体的な課題であり、学生はその解決策を模索していく。

第8回から第10回の授業では、これまでの学習の振り返りと学習成果の整理を行っている。学生は、それまでに学習についてグループで振り返り、学生は学校を研究する自らの視点を整理していく。第10回の授業の最後には中間レポート課題が発表され、学生は1週間かけて中間レポートを仕上げ、第11週ではレポート発表を行う。

第13回の授業の最後では期末レポート課題が発表され、第14回の授業では期末レポートの発表を行う。また、ルーブリックを用いて自己評価を行う。

第15回の授業では、学生は自分のポートフォリオ(これまでの授業で作成した成果物を整理したもの)を持参し、グループで相互評価を行う。

2015.6.8 教室全体