アクティブラーニング

       アクティブラーニングへの注目は、中央教育審議会(2012年8月28日)の「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(答申)」(略称「質的転換答申」)を起点としています。この報告書では、アクティブラーニングは以下のように用いられました。

「生涯にわたって学び続ける力、主体的に考える力を持った人材は、学生からみて受動的な教育の場では育成することができない。従来のような知識の伝達・注入を中心とした授業から、教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知 的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく能動 的学修(アクティブ・ラーニング)への転換が必要である。すなわち個々の学生の認知的、倫理的、社会的能力を引き出し、それを鍛えるディスカッションやディベートといった双方向の講義、演習、実験、実習や実技等を中心とした授業への転換によって、学生の主体的な学修を促す質の高い学士課程教育を進めることが求められる。学生は主体的な学修の体験を重ねてこそ、生涯学び続ける力を修得できるのである。」

同答申報告書に関する用語集も文部科学省のウェブページでは公開されており、そこでは、アクティブラーニングの定義が以下のように示されています。

「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。」

文部科学省ウェブサイト「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(答申)」

この定義を受け、創価大学では、アクティブラーニングが実践されている授業を「学生の能動的な学びを促進する教育方法を用い、教員と学生が意思疎通を図りつつ、学生が相互に刺激しあう機会を設けている授業」と定義しています。

以下の「実践事例紹介」では創価大学におけるアクティブラーニングを用いた授業を紹介し、その教授法については「教授法紹介」にて概要を掲載します。