新着情報

平成26年度・第4回プロジェクト勉強会「学習科学の視点から考える協同的な学び」(話題提供者:静岡大学益川弘如准教授)を開催しました

2014年12月20日

益川先生講演2

 

12月11日、「学習科学の視点から考える協同的な学び」をテーマに、静岡大学の益川弘如准教授をお招きし、知識構成型ジグソー法や知識構築環境を用いた授業実践、知識構築過程を可視化する変容的評価など、複数の実践評価事例とその理論的背景についてご講演いただきました。

質問は実践事例の紹介部分に集中し、グループ学習の効果的な実践方法についての質問が多く寄せられました。なかでも相互教授法を用いた際、その学習自体が終了した後も継続して全体のテスト正答率が伸びたという報告に、参加者からは驚きの声が上がり、勉強会は盛況のうちに終了しました。

新着情報一覧へ戻る